「新機能」PPCキーワードの入札額
2019-10-25
アマゾンで良い販売成績を得るためには、前期の商品リサーチとListingの最適化、または後期の広告での集客に関わっています。PPC広告を最適化すれば、Amazonでの売上拡大するだけでなく、広告のコストも下げられます。

PPC広告はクリック単価(CPC)での課金となるため、広告費の支払いが発生するのは、広告がクリックされたときだけです。ユーザーがあるキーワードを検索する際に、広告主の商品をクリックすると、広告主が課金されます。では、どのキーワードを広告キーワードに設定したほうがいい、どのキーワードをどれだけ広告入札額にするのか、などの問題は、PPC広告の最適化の鍵となります。

最初の段階にはオートターゲティング広告を設定して、それらの表現から有効なワードを選出します。またその有効なキーワードを使ってマニュアルターゲティン広告を設定します。有力な入札額ランクを得るためには、一般的に高い入札額を出しますが、一方で、広告のコストも高くなります。ということで、キーワードの入札額の高さもある程度この市場の競争の激しさを反映されています。PPC広告の最適化には最も重要な課題は、利益を損なうことなくインプレッションを高めることです。

一番理想的なのは、検索数・販売率が高く、入札額が低いキーワードが入手できることです。これらのキーワードはどのようにして得られるのでしょうか?これまで、絶えずオートターゲティング・マニュアルターゲティンの広告からのデータを分析してきましたが、今は大量の人的・物的資源を節約できる強力なツールがありました。

それは、セラースプライトの新機能:PPC入札額

この機能はアマゾン内に掲載する広告の入札目安価格を反映されていて、「フレーズ一致」の入札目安価格と範囲を提供します。また、キーワードを入力すると(カテゴリーのワードでもいい)、関連のキーワードの詳しいデータも出てきます。それを通じて、各キーワードのデータを比較できます。月間検索数、月間販売数、転換率とPPC入札額などの要素を考える上で得られたキーワードこそは、ビッグデータの産物だと言えるではないでしょうか。

まずキーワードスプライト-キーワードマイニングのページを開きます。ここでアメリカサイトの「yoga mat(ヨガマット)」を例にします。



図からわ分かるように、PPC入札額の列には、各キーワードの入札目安価格と範囲を見られます。ここで普遍的な法則は、検索数高いのワードの入札額も高いということです。これらの競争が激しいワードをチェックする以外にも、競争度が低い一方、需要度が高いキーワードを見つけることです。つまり入札額は低いが、検索数が高いキーワードです。



この図を見ると、yoga mat straps for carrying(ヨガマットキャリアー キャリーストラップ)とyoga mat holder(ヨーガマット ホルダー)とは、どちらもヨーガマットを携帯する紐のことを指していますが、入札額がわずか0.03ドルの差で、明らかにyoga mat straps for carryingの検索数と販売数はもっと良い。ということで、yoga mat holderではなく、yoga mat straps for carryingというキーワードを選択したほうがいいでしょう。

右側の「このキーワード過去の変動を閲覧する」ボタンをクリックすると、二つのワードの検索トレンドが見られます。このデータはほとんど同期更新されていますので、ぜひご参考にしてみてください。







PPC広告ではブランド名を入力できます。たとえば、headphones(ヘッドフォン)を検索して、その関連キーワードをチェックすると、beats headphones(Beatsヘッドフォン)よりもbose headphones(boseヘッドフォン)の方が転化率・販売数が高いが、入札額が低いことが分かります。



ヘッドフォンを考えるとき、最初に頭に浮かぶのはbeatsかもしれないですが、実際にはboseのほうがもっと売れているので、PPC広告をする時もやはりデータを利用して考えてください。

以上は新機能PPC広告の紹介および利用方法です、ぜひ試してみてください。