アマゾンの宛先郵便番号(IP)が検索結果に与える影響について

2020-03-23
最近(2019年11月から)周りの人は、A9アルゴリズムは最近は大きく調整していて、アマゾン内のキーワードランキングの変動が激しい、とよく言われています。

最初は1ページ目だったかもしれませんが、あっという間に10ページ後ろに落ちてしまいましたこともあります。また、アメリカの地域の郵便番号で同じキーワードを検索すると、ランキングが全然違います。

もう一つの目立った問題は、これまでは架空オーダーでランキングをアップする効果が良かったのですが、最近はその効果が非常に弱くなってきています。何百もの架空オーダーをしたにもかかわらず、キーワードのランキングが全然動かないこともあります。

また、顕著な影響を受けるのはいずれも第三者セラーの商品であり、VC(自営供給商)自営の商品はほとんど影響を受けていないし、第三者セラーを倒潰す傾向もあります。

簡単に言えば、アマゾンはFC (Fulfillment Center)の地理的位置と、サイト内で具体的な商品のキーワードのランク付けという一見関係のないことを結びつけています。

実はこの変化は数ヶ月前からあったのですが、実際に検索するときに、郵便番号が変わるとキーワードの順位が変わっていることを気づけます。

これはビッグデータで各人に対する推薦商品が異なっているアルゴリズムであると思われますが、実はFCの位置とキーワードの順位がバインドされ始めたからです。これは同じキーワードがですが、郵便番号が変化するとキーワードの位置も変化する要因です。

各人に対する推薦商品が異なるということは、カスタマーのアカウントに基づいています(例えば、商品の種類、価格の嗜好など)、カスタマーの需要とマッチする可能性のある商品を推薦しています。

FCの位置はどのように機能しているのでしょうか。簡単に言えば、キーワードのランクが高い郵便番号であれば、その住所に近いFCの倉庫には十分な在庫があることを示しています。キーワードのランクが低い郵便番号であれば、その住所に近いFCには他の類似商品の在庫が多いことを示しています。もちろん、この商品は実は品物が不足しているか、品切れかという状態になる可能性もあります。

また、自営業者と第三者セラーの倉庫が別々にあるため、現在のところにはこの調整は自営業者にとっては何の影響もないです。第三者セラーに影響を及ぼすだけということは、VC自営セラーはある程度アマゾンから保護されています。

というわけで、A9の本格的な調整は主に:FC倉庫の地理的位置とサイト内のキーワードの順位と連結した所です。