アマゾンの市場原理・トレンドを判断する新しい方法
2019-11-07
アマゾンの出品者として、商品の開発・運営、またより広く事業を拡大するためには、様々な方法で過去のデータを取得し、将来の発展を予測しなければならないです、例えば:

A. Keepaを利用して、カテゴリーの中のいくつかの代表的な商品の動きや価格の変動を分析する;

B. Googleトレンドで、いくつかのコアキーワードの検索数を分析する;

C.色々なキーワードりサーチツールを利用して、アマゾンでのいくつかのコアキーワードの検索数を分析する;

D.国内卸売市場の販売歴史・状況を調べる;

E.供給先の販売歴史・状況を把握する;

F.販売先の友人やKOLに、地元の風俗情報を尋ねて、商品の人気度を把握する;

.........

しかし…以上のいずれかの方法でも、他に何かの見落とした影響要因によって、その結果が異なる可能性があります。

A. keepaを利用して、カテゴリーの中のいくつかの代表的な商品の動きや価格の変動を分析する;

このカテゴリーの代表的な商品をざっと見ると、順位も売り上げもどんどん高くなっていて、市場の需要度が拡大しているのではないか、と思われがちですが、客観的に記録したデータから見ると、もう一つの可能性があり、このカテゴリーの代表的な商品の販売数は上がっていますが、このカテゴリーにおける商品の全体の販売数は増加していない、かえって少し下がっているかもしれないです。このような状況は全体の市場シェア(販売数)が、次第にいくつかの商品に集まっているということです。

またカテゴリーの代表的な商品の順位も販売数もどんどん下がっていて、多分市場全体の需要度が減っているではないか、と考えられますが、実はこの商品の需要度が絶えずに上昇している場合もあります。なぜなら、このカテゴリーに最も売れている商品のブランドの数は絶えずに増加して、全体の市場のシェアも更に多くの後から来る者によって分けられています。

B. Googleトレンドで、いくつかのコアキーワードの検索数を分析する;

キーワード検索を行う際に、各キーワードの検索数が年々増加していることも考慮する必要があります:

1、このような商品、そのキーワードはGoogleで頻繁に検索されていますが、アマゾンで購入するカスタマーはどのくらいいますか?オフラインでの購入やebay、wishなどのサイトで購入する人は多いですか?

2、アマゾンのシステムはこのような商品を集客させる意欲がありますか?このような商品をアマゾンで購入する、という習慣をカスタマーに身につけさせるにはどのくらい時間がかかりますか?

C.色々なキーワードりサーチツールを利用して、アマゾンでのいくつかのコアキーワードの検索数を分析する;

あるキーワード検索ツールだけで市場トレンドを評価する場合は、まず判定したほうがいいのは:

「大きなアクセス数が絶対に高い販売数をもたらす」というのが、果たして法則なのでしょうか。それとも、これはもっと大きなチャンスがあるということでしょうか。チャンスとは、変数があることを意味し、その最大の影響要因と変数は、カテゴリーによって異なる「転化率」があるということです。

例えば、アマゾンのいくつかの女性のアクセサリーというカテゴリーに対して、キーワードツールをリサーチすると、男性のカテゴリーより、その検索数は明らかに多いです。しかしこの二つの転換率を見ると、販売成績の差はそれほど大きいわけではない、それはアマゾンで男性用カテゴリーの転換率が高いからです。

また、あるカテゴリーにおけるいくつかキーワードの検索数をリサーチすると、50%のキーワードの検索数トレンドが上昇する一方、50%のキーワードは下降になっています。このような状況に出会ったことがありますか?これでどう判断しますか?

D.国内卸売市場の販売歴史・状況を調べる;

E.供給先の販売歴史・状況を把握する;

もし以上の状況がいいならば、また判断すべきなのは:

1、国内の電子商取引が多いですか、それとも伝統的な対外貿易が多いですか、それとも越境ECの方が多いですか?その中でどこの国へ進入した販売者が多いですか、またどのプラットフォームへ進入した販売者が多いですか?

2、この商品は大締めという商法を行っているのですか、それとも出品者数が多いのですか。

3、商品のデザインは単一ですか、それとも様々ですか?

.........

F.販売先の友人やKOLに、地元の風俗情報を尋ねて、商品の人気度を把握する;

アマゾンしか経営されていない出品者にとって、アマゾンでのカテゴリーの発展トレンドを正確に判断することはとても大事です。異なる出品者が違う意見を持っています、セラースプライトはすべての指標は販売数を基づいて具現し、結果を通じてその市場の動きを予測できます。カテゴリーごとに最もメインな販売数や、各指標の日々の変化を主な根拠として、このカテゴリーのトレンドを予測します。セラースプライトは業界最初のアマゾン「市場リサーチ」機能を独自に開発し、アマゾンすべてのカテゴリーの変化状況を各指標から分析し、アマゾンの出品者にデータを提供しており、市場トレンドを簡単・便利に判断することができるようになりました。

コアデータ解析

➤市場ニーズとトレンド

TOP100商品の毎日の売り上げ合計。トレンドを通して:

1、市場の上昇/下降傾向から、市場の持続に運営する可能性を判断できる。

2、市場のオンシーズン・オフシーズンを分析して、在庫を補充するかどうかに意見を提供できます。

3、市場の将来の発展傾向を予測することができます。ニッチ市場を発見して、早めに商品を配置して、市場を先取りします。トレンドがない場合は、一見でみると現在はオフシーズンですが、実際は2~3カ月のあとはオンシーズンに入る可能性もあります。

*カテゴリーのキーワードによって、全体の検索数の推移が異なります。



*キーワードによって、検索数も違います。



➤ブランド集中度

TOP100商品のブランドの合計販売数。トレンドを通して:

1、ブルーの円柱(新商品)が多い場合は、市場には新しいブランドがどんどん入ってくることを説明できます。その市場に参入するチャンスがあります。

2、ブルーの円柱(新商品)が少ない場合は、一部のブランドが市場を独占する傾向が見られた、新しいブランドが市場に参入するリスクがあると説明できます。

3、どちらとも言えない場合は、全体市場にブランドによる大きな波はなかったということです。現在のブランドが市場シェアに定着している可能性もあるし、市場に参入してシェアを奪う新しいかつ優れたブランドがない、という可能性もあります。このような時は、他のデータと組み合わせて、自身の運営とCCP広告も考えながら、総合的に分析する必要があります。

*カテゴリーのキーワードによって、ブランド集中度が高ければ高いほど、市場競争が激しい、ブランドの独占
の疑いの疑いは大きくなります。は大きくなります。



➤セラー集中度

TOP100商品のセラーの合計販売数。トレンドを通して:

1、ブルーの円柱(新商品)が多い場合は、市場には新しい出品者が絶えずに参入していることを示して、その市場に参入するチャンスがあります。

2、ブルーの円柱(新商品)が少ない場合、一部の出品者が市場を独占する傾向が傾向が見られた、新しい出品者が市場に参入するリスクがあると説明できます。

3、どちらとも言えない場合は、市場全体に出品者による大きなの変動が見られないです。現在の出品者が市場シェアに定着している可能性もあるし、市場に参入してシェアを奪う新しいかつ優れた出品者がない、という可能性もあります。他のデータと組み合わせて、自身の運営とCCP広告も考えながら、総合的に分析する必要があります。

*トップセラーの割合が高ければ高いほど、市場競争が激しくなります。Amazon直販がトップセラーの行列にいるかどうかに注意を払うべきです。



➤価格分布

ListingTOP100の価格分布。トレンドを通して:

1、この指標によって、各範囲内にチャンスがあるかどうかと競争度が判断できます。

2、このような市場に参入しようとするなら、該当商品について、カスタマーの低い評価を分析し、改善すべきところを解決して、商品を差別化することを通じて、自主的に価格を決めることができます。


➤レビュー数分布

TOP100商品のレビュー数分布、トレンドを通して:

レビュー数は一般的には、着実に上昇しているはずです。さもなければ、以下の場合:

1、レビュー数が特に多い、この市場は異常操作が多いことを示して、より早くレビュー数を獲得できるノウハウを持っていない出品者にとっては、競争が激しくなります。

2、レビュー数が少ない場合、それは:

A .この市場の商品のレビュー数の多くは削除されました。

B .この市場にはレビュー数は少ない新商品が出ているので、出品者にとって新商品はチャンスがあります。


ヒント:以上の各データの円柱をクリックしたら、商品の詳しい情報が出られます。

もう第4・四半期になりますが、セラースプライトも近いうちにより多面的なデータ分析機能を出します。これで、出品者はより全面的かつ正確に市場動向を判断・把握できるようになれます。

データのモニタリングによって、市場が常に変わっていることがわかったと思いますが。詳しい情報はセラープライトのホームページをチェックしてください: