アマゾンのキーワードをリサーチする時に、こういう「ワナ」を避けましょう
2019-10-29
現在アマゾンは、世界中のカスタマーに比類なく優れたショッピング体験を提供していて、多くのプラットフォームから模倣する対象となりました。

カスタマーにとってアマゾンは、豊富な商品と優れたショッピング体験を提供していますが、出品者にとっては、アマゾンでいい業績を取るためには、かなりの工夫がかかります。その中で出品者が最も力を入れたのはキーワードリサーチすることです。なぜなら、キーワードは、消費者が出品者の商品を見つけられるか否かと、密接に関連しているからです。

今のアマゾンはグーグルのような検索エンジンと似っていますが、一般的な検索エンジンと違うのは、アマゾンの検索にはユーザーは「購入意図」があって、検索習慣も様々という点です。

つまり、人はグーグルなどの検索エンジンで検索する際には、何かのことを調べていますが、アマゾンでは購入したい商品を探しています。

アマゾンでの検索意図は「購入」ということなので、キーワードが特定の商品と直接に関連していなければ、カスタマーの検索結果には現れないのです。

アマゾンでは大多数の商品の市場競争が激しい、販売されている商品は通常検索結果の1ページ目に展示されていますが、出品者は「どうやってカスタマーに自分の商品を見せられるのか?」という問題が現れました。

ここで商品のキーワードは、カスタマーを商品の詳しいページに誘導することができるので、露出率と売上を拡大させたいなら、キーワードランキングを上位にすることはとても大事です。

1、アマゾンのキーワードタイプとその動作原理

同じ商品を販売する出品者が一人ではないため、出品者同士はキーワードの順位を競います。また同じニッチ市場には様々な商品のバリエーションがあるので、どのようにカスタマーを引きつけるのかはとても大事です。

例えば、ペット市場を選んでドッグフードを販売する場合、その選んだキーワードは市場を表していて、キーワードによって市場も異なっています。例:「ドライドッグフード(dry dog food)」と「ウェットドッグフード(wet dog food)」とは市場の位置づけが異なります。しかし、これらの市場にはあるキーワードは互いに関連している場合が多いので、中のコツをうまく活用すれば、ライバルよりもっと多くのカスタマーを引きつけることができます。

また、出品する前にキーワードを通じて「商品リサーチ」をする出品者も多いです。

2、キーワードタイプ

キーワードリサーチする際には、いくつかのキーワードタイプに注意を払う必要があります。

・ショートテールキーワード(Short Tail Keywords)

このようなキーワードは、通常1つまたは2つの単語の長さです。そして検索数が多いため、ランキングでは競争力があります。しかし、ショートテールキーワードのカバー範囲は広く、最も一般的な商品タイプをカバーしているので、PPC広告では、ショートテールキーワードの入札額が高い、具体的なサブカテゴリーの商品を販売している出品者にとっては価値は低いです。

ショートテールキーワードの例:懐中電灯(flashlight)

・ロングテールキーワード(long tail keywords)‍

ロングテールキーワードの長さは3つ以上の単語が一般的で、確実な位置づけを決めたため、ランキングではあまり競争力はないです。ロングテールキーワードはサブカテゴリーと密接に関連しているので、特定的な市場にしか適用できないです。PPCの入札額が低い、ロングテールキーワードは新規出品者にふさわしいです。

ロングテールキーワードの例:戦術金属懐中電灯(Metallic tactical flashlight)

以下の3種類のキーワードのマッチ- タイプがショートテールキーワードになれるし、ロングテールキーワードにもなれるし、それはキーワードの選択に関わってます。

・部分一致(Broad match)

部分一致のキーワードが幅広い分野を含んでいます。あなたのキーワードは部分一致キーワードのバリエーションか、メインキーワードと同じか、など場合には、商品が検索結果に表示されます。キーワードの類義語、スペルミス語、または関連語などでも、部分一致のキーワードになれます。

例えば、あなたの検索キーワードは「flashlight」で、それの部分一致のキーワードは:

Hand torch(類義語)

Flashlite(スペルミス)

Headlamp(関連キーワード)

・フレーズ一致(Phrase Match)

フレーズ一致のキーワードには、あなたの検索キーワードが含まれています。また、フレーズ一致キーワードには、検索キーワードの単数・複数のバージョン、および検索元キーワードを描写するワードが含まれています。例えば原始キーワードは「flashlight」で、フレーズ一致のキーワードは以下のようになります:

Flashlights(複数)

Metallic tactical flashlight(記述性)

・完全一致(Exact match)

完全一致のキーワードとは、商品の検索キーワードのことです。例えば、商品の検索キーワードは「flashlight」で、完全一致のキーワードとは:

Flashlight(標準)

Flash light(分ける)

アドバイス:出品者がどのようなタイプのキーワードを選択するのかは、あなたの商品と市場の状態にかかわっています。出品者は完全一致キーワードから着手して、検索キーワードのバリエーションなどを加えた方がいいです。

3、アマゾンA9

他の検索エンジンが関連性に基づいて検索ワードを一定的なの順に配列することと同様に、アマゾンも検索ワードに基づいて商品を探しています。しかし、カスタマーの意図は購入することであるため、アマゾンA9のやり方は普通の検索エンジンとは少し異なっています。

まず、検索エンジンにおける検索数の要素をアマゾンには適用されてないです。キーワードを考える際には、検索数が重要な要素ですが、カスタマーの意図はもっと重視しています。アマゾンのカスタマーは、機能性や商品名を検索ワードとして検索する可能性が高いため、商品の機能性を表すキーワードを選択することは、カスタマーを引きつけるための有効なやり方です。

アマゾンは電子商取引のプラットフォームとして、消費者に注文させることを目的としています。この目的で商品の検索順位に直接影響しています。アマゾンA9は、高いクリック率と転化率によって、優れた販売履歴を持つ商品を優先的にランキングします。

商品が売れば売れるほど順位が上がり、露出率も増えるということです。

4、アマゾン‍キーワードのいろは

どんなキーワードが有効なキーワードなのか?どうすれば有効なキーワードが見つかるのでしょうか?以下のように有効なキーワードを決めましょう。

4.1 ライバル商品のキーワードとASINを調べる

ライバル商品はあなたのキーワードを使っていますか?ランキング上位のライバル商品が、あるキーワードに対して順位を最適化していなければ、そのキーワードの転化率が高くない、或いは競争が激しい可能性があります。いずれの理由にしても、このキーワードを再検討する必要があります。ライバル商品が使うキーワードをリサーチできるセラースプライトというキーワードツールがあります。

「巨人の肩の上に立つ」という言葉があるように、キーワードを決める時にはライバルでもあなたのしっかりとした基盤になれます。

4.2 相関性

キーワードは商品と関連していますか?キーワードと商品との関連性が高いほど、アマゾンは上位にランク付けされています。露出率を高めるために、さまざまなキーワードを埋め込んでしまう出品者はいますが、アマゾンはこのような行為を禁止されています。一方、カスタマーはその検索結果は当たらないなら、当然クリックして商品を見ることもしないです。

商品に関連するキーワードを見つけたら、それらのキーワードをキーワードツールに入れて、また他に考えされていなかったキーワードを探してみましょう。

これらのキーワードとカスタマーの購入意図と関連しているかどうかを、どのように把握しますか?

・常識では、ツールが推薦したキーワードが、商品と関連していない場合は使用しないでください。キーワード検索テストを行って、より適切なキーワードを見つけられます。

・どんなキーワードで検索すると、ライバル商品が上位にランクインすることをリサーチします。

・複数のライバル商品を調べて、使っているキーワードをチェックします。

・商品やブランド特有のキーワードではないことを確認しましょう。

4.3 検索数

商品が独特であっても、注目度があるキーワードに関連しなければならないです。アマゾンは検索履歴のない商品の販売には向いていないので、選んだキーワードを使う人がいない場合は、さらに検索数があるキーワードを探しましょう。

例えば、「回転蓋付け赤い水筒(red water bottle with a twist cap)」というキーワードは、あなたの商品と高い関連性を持っていますが、それを検索する人はあまりいないです。

あなたの商品と関連して、注目度があるキーワードを見つけましょう。

4.4 キーワードを隠す

毎日新しい商品、新しいキーワードが出てきます。またロングテールキーワードは活用されていないです。ロングテールキーワードは商品ともっと関連性があるかもしれないです。例えば、商品が「回転蓋付け赤い水筒(red water bottle with a twist cap)」であれば、「回転蓋付け水筒(twist cap water bottle)」というロングテールキーワードがもっと有効的です。

ロングテールキーワードの方が入札額は低い可能性があり、より安い価格で広告のクリックを得ることができます。ロングテールキーワードの検索数が低くても、このようなキーワードを検索するカスタマーは、あなたの商品に高い興味を持っている可能性があります。

4.5 新品登録のキーワード配列

アマゾンで商品を登録する場合、1ページ目にランクアップするためには、一部のキーワードだけ最適化をする場合もあります。

ですから、タイトル、説明文、箇条書きにこれらのキーワードを戦略的に配置する必要があります。それでは、キーワードのランキングに影響を与える要素を詳しく見ていきましょう(重要な順に)。

・タイトル

・Subject Matter(商品記述語)

・search terms(検索 キーワード)

・bullet points(箇条書き)

・説明文

5、キーワードをリサーチする時によくあるミス

キーワードをリサーチすることは、他のアマゾンでの運営することと同じくらい大事です。キーワードをリサーチしているうちに、次のようなミスをした場合、あなたのアマゾンビジネスには深刻な問題を与える可能性があります。

5.1 データが正しくないツールを使う

多くのキーワードツールは他の検索エンジンのデータを利用していて、アマゾンと検索数が違うだけでなく、検索意図も違うので、アマゾンに関するツールを利用することを確認しましょう。

5.2 検索数が高いキーワードに注目しすぎる

通常、高い検索数を持つキーワードは共通のキーワードで、必ずしもあなたの商品に適用できるわけではないです。これらのキーワードを適用出来るかどうかを判断するコツ:アマゾンでそのキーワードを検索してみて、自分の商品に似たような結果がたくさん見られなければ、これらのキーワードに時間とお金をかけないようにしましょう。

5.3 キーワードは相関度に基づいて選択する

「相関度」はそれほど正確ではないです。たとえば、スキンケア用品を販売して、「スキン トナー(skin toner)」をキーワードにすると、「インク トナー(ink tone)」との「相関度」が高いが、あなたの商品とは何の関連性もないです。

5.4 ツールによる「キーワードスコア」に依存する

ツールが示したキーワードスコア(Keyword Scores)に完全に依存してはならない。この点数は商品に関連するキーワードの範囲を狭めることができますが、他の要素、例えば高い転化率は更に重要です。「アマゾンからのデータ」などの断言を注意しましょう。アマゾンは重要なキーワードデータを公開しないからです。キーワードが有効かどうかを判断する際には、商品の順位や売り上げで判断しましょう。

5.5 ライバル商品のListingをコピーする

怠けてライバル商品のListingをコピーすることをやめましょう。これはあなたを苦境に陥れる可能性があります。そこからインスピレーションを得ることは大丈夫ですが、オリジナルなListingを自分で作成しなければならないです。

5.6 メインキーワードだけに注目する

例えば、戦術的懐中電灯(Tactical Flashlight)はあなたの商品のメインキーワードかもしれないですが、このキーワードで大手販売者と競争する勝目はどうでしょうか。キーワードが含める範囲が広いほど、上位にランク付けするために必要な販売数も多い、それは、それほど十分な在庫が必要ということです。市場のメイン検索キーワードに集中するのではなく、比較的に検索数が少ないキーワードも試してみましょう。

5.7 他のサイトのキーワードをコピーする

国によって有効なキーワードが異なるので、米国アマゾンのキーワードをトランスレータで翻訳して、そのまま他の国のサイトに使うのをやめましょう。また、米国サイトのキーワードを英国サイトやカナダサイトにコピーしないでください。そのサイトで上位にランクされているキーワードは、必ず他サイトでも上位にランクされていることできないです。また、アメリカ、イギリス、カナダなどの国には単語の綴りが異なる場合があるので、この点も考慮してくだい。