アマゾンキーワードこうやって設置して、集客力をアップしよう!
2019-11-12
アマゾンに出品する際に、注文があるかどうかは、カスタマーの心を把握できるかに関わっています。

カスタマーの気持ちをどうやって捉えるのですか?一つは、あなたの商品がカスタマーの前に展示されるかどうか、もう一つは、展示された後にカスタマーが商品を購入しようとしているかどうかです。すなわち、アクセス数転換率です。

この中で、商品のキーワードはカスタマーと商品をつなぐ第一の「绊」であり、これは、出品する商品の選択、商品Listingの記述、PPC広告など、アマゾン運営の全体を貫いて、アクセス数を獲得する最も基礎的な陣地と言っても過言ではないです。

有効なキーワードがどのように商品のターゲットカスタマーの目の前に展示されるのですか、基本的には:

・このキーワードはカスタマーの検索キーワードに合致しています;

・このキーワードとカスタマーの検索キーワードと関連性があります;

・キーワードには適当なアクセス数や競争力が持っていて、激しい競争ではないですが、誰も関心を持っていないわけでもないです。

アマゾンA9によると、商品のキーワードとカスタマーが検索したキーワードとの適合度が高いほど、当該商品の順位もより上位に上がられます。

そのため、高い転換率を持つキーワードを収集・配置することは、そのListingにおける販売数の向上にとってはとても大事です。

3種類のキーワード

キーワードは主にカスタマーの検索希望によって収集され、アマゾンはまたキーワードによって商品をカスタマーに推薦しています。セラーはキーワードを通じて優先的に商品を展示することができます。

キーワードは、その内容がそれぞれ、検索数も違います。キーワードの効果を高めるために、ここで3種類のワードに分類します:カテゴリーキーワード、コアキーワード、ロングテールキーワード

・カテゴリーキーワードは、最も直接的に商品を紹介し、注目度が割りと高いワードですが、限定的ではなく、カバー範囲が広くて、主に1~2個のワードで構成されています。例えば男の子のTシャツ。

・コアキーワードは、検索数はままいい感じのワードで、商品記述の内容に合致して、タイトルに欠くことのできないワードです。

・ロングテールキーワードは、検索数は他の両者より高くないですが、カバー範囲が正確・限定的なので、転換率は高いです。例えば、「red iphone case」は「iphone case」のようなワードより確実で、すぐに赤いケースを買おうとするカスタマーを引きつけることができます。

キーワードのトラフィックと転換率両方を把握するためには、主なキーワードを決めた後、キーワードリストも作成しなければならないです。価値のあるコアキーワード、ロングテールキーワードなどを収集して、キーワードがもっと広範的・正確的になれます。

キーワードをどうやって見つけるのか

ライバル商品のListing詳細ページ、特にタイトルを検討します;

アマゾンの検索ボックスが推薦されたキーワードから、自分の商品と適合度が高いワードを選びます;

広告レポートのCustomer Search Termのところの、カスタマーの検索ワードのクリック率・転換率を結合して考えます。

データツールを通じてキーワードを選択します。データツールを通じて、カスタマーがそれらのキーワードを検索する頻度、ワード順位を上げさせる難しさ、現在のランク上位の商品ページを分析られます。例えばセラースプライトなどのキーワードデータを提供するプラットフォームは挙げられます。このデータツールはカスタマーの検索行為をデータで客観的に提供し、セラーにキーワードを考える際に役に立ちなれます。

キーワードを配置する

アマゾンA9はListingのすべての情報の中で、キーワードを重視しているため、Listingの最適化においては、一箇所ごとにキーワードを最適化しなければならないです。

・Listingの商品詳細ページ

Listingページのタイトルはとても重要です。タイトルには主なキーワードが含まれており、また前50文字には必ず「なんの商品なのか」を伝えなければならないです。



ここで、タイトルの万能形式を参考にしてください:

[ブランド名]+[特徴]+[材質]+[キーワード]+[タイプ]+[モデル]+[サイズ]+[包装の個数]+[色]+[香り]…

端末によってタイトルの長さが異なっているので、携帯には超えた部分が見られないことに注意する必要があります。

・セラーセンターSearch Terms

キーワードリストにどこにも使えないキーワードを、セラーセンターのSearch Termsに置きます。しかし、キーワードを詰め込まないように注意してください。一つの英文字、数字、句読点は一つの文字とされています。たとえば「iphone 7/8 plus」のように、13文字と計算します。250文字以上になった内容は、アマゾンではインデックスできないです。



・マニュアルターゲティン

セラーは収集できたキーワードをマニュアルターゲティンに入れてテストすることができます。「コアキーワード+部分一致のキーワード」という組合をおすすめです。

・その他

「架空注文」というやり方をする時、レビューとQ&Aも無視してはいけないです。なぜなら、Q&Aの中のキーワードはListingのランク向上にも役に立ちられるからです。セラーがQ&Aとレビュー には一部のキーワードと関連した回答と評価を配置して方がいい。

キーワードを最適化する

キーワードの効果は不変なものではないです。キーワードはカスタマーの検索行為から得られて、時期によって同じキーワードの検索数も変化しています。これらの変化はカスタマーの好み、ショッピング習慣、経済状況、ファショントレンド、口コミなどから生じる可能性があります。有効なキーワードを探すには常に分析・更新する必要があります。

・ライバル商品のListingを分析する

ライバル商品のListingを分析し続けて、そのListingのタイトルや箇条書きなどのキーワードの変化を検討しましょう。

・オートターゲティングでタイトルを測定する

一般的には、オートターゲティングのキーワードはタイトルの中のキーワードです。広告データからその露出率、クリック率、転換率を分析し、キーワードを決めることができます。

・マニュアルターゲティンで高い転換率を持つキーワードを測定する

作成できたキーワードリストから、キーワードを抽出してマニュアルターゲティンのテストを行います。それぞれは部分一致(Broad match)、フレーズ一致(Phrase Match)、完全一致(Exact match)、この三つの広告グループを作成して、十日間ほどその広告効果を分析します。

・注文数でキーワードを決める

どのキーワードが最も多くの販売数を持ってきたかを客観的に示すことができます。キーワードの販売コストを総合的に考慮する必要があるのは言うまでもないです。

・ACoSでキーワードを決める

ACoS高すぎるキーワードを減少または廃止しましょう。また、ACoSが閾値を下回るキーワードについては、入札額を上げて、またこれらの転換率がキーワードがより多くの露出量とクリック数を集めさせます。

転換率が高いワードに対しては、商品のListingに入れてもいいし、或いは単独の広告を通じてテストすることもおすすめです。