必見·アマゾンセラーの運営ノウハウ―「星評価」の活用について

2020-03-16
Amazonの商品検索ページでも、商品紹介ページでも、黄色い星評価はタイトルの下で目立つな位置にあります。商品星評価はAmazon Listingランキングの重要な指標であると同時に、カスタマーの購入を影響する主要な要素でもあります。


今日は「星評価」の意味と実際の応用について話しましょう。

アフターサービスコスト

星評価の直接な意義は販売数であるということは、多くのセラーが考えられます。この構想に沿って引き続き発散して、高い星評価がある市場の顧客満足度が高いし、商品の販売も良いです。低い星評価の市場の顧客満足度が低いし、返品率は高くて、そのアフターサービスのコストも高いです。もし、1つの非新興市場には4つ星以下の評価が多い場合は、高い星評価の市場と比べて、その満足度と返品率を考えると、アフターサービスコストはもっと高いです。

売上高の転落

Listingのレビュー数が多くて、いい評価・悪い評価両方もある市場に対して、「4つ星以下」は販売の境界である可能性が高いです。


データ:セラースプライト 

例えば、上の図は「Belts」がアマゾン Top 100での星評価分布図表です。星4.0以下の商品数と販売数の割合はいずれも下がっています。経験があるセラーにとって、Top100商品の星分布を分析することで、Listingのランクアップするコストとリスクを素早く把握することができます。

市場選択

貿易会社セラーと工場販売セラーに対して、星評価は異なる解読と応用方法があります。

工場販売セラーの場合は、むしろ低い星評価の市場に向いているかもしれないです。セラーがこれらの星評価が高い・低いListingの分析を通じて、カスタマーの需要を発見できます。そして商品の痛点を解決し、質の高い商品を作って、好評を得られます。これで、このListingの星評価のスコアが上がれば、ページクリック率や転換率が増えて、この市場を占領することができます。

貿易会社セラーは生産の優位性を持っていないため、できるだけ高い星評価の市場を選ぶか、低い星評価の市場で高い星評価を得たListingの供給先を見つけることから、商品の優位性が得られます。

アマゾンの星評価のアルゴリズムの影響について

最後に、レビュー・星評価の評定は主に以下のいくつかの重要な要素を含まれます:

レビューの「年齢」とは、レビューの存在時間のことであり、その時間が長いほど、コメントの重みが高くなります。

レビューの「役に立った」数、すなわちレビューが「いいね」された回数です。その数が多いほど重みが大きくなり、レビュー全体の星の評定に与える影響は大きくなります。

レビューにVPマークがついているか否か、VPマークがついている場合は通常は全額支払いですが、全額支払いでもVPマークがついているとは限らないです。