子供の日にこのような商品をアマゾンで売らないでください、損しか与えない

2020-03-05
今回はセラースプライトにおける「おもちゃ」の市場(アマゾン日本サイト)のビックデータを共有します。

アマゾンのセラーとして、アマゾンのカテゴリー「おもちゃ」の下で、全部でいくつのサブカテゴリーをわかっていますか?これらのサブカテゴリーにはどのような商品を含まれていますか?

もうすぐ子供の日ですが、「おもちゃ」のカテゴリーのもとで、最も売れる商品はどれなのかわかっていますか?独占率が最も高いサブカテゴリーの商品は何でしょうか?新商品が最も多いのはどのサブカテゴリーでしょうか?

セラーにとって、細分化市場を正しく選択することで、正確かつ効率的に市場に対して運営方案を策定できる一方、運営リスクを下げることや収益を最大化することもできます。

まず最初の質問を答えましょう、アマゾンのカテゴリー「おもちゃ」のもとで、全部でいくつのサブカテゴリーがありますか?

セラースプライト商品スプライト‐市場リサーチの中からカテゴリー「おもちゃ」を選択します、リサーチをクリックするとこの市場のすべてのサブカテゴリーが表示されます。図に赤丸したところに「319」個のサブカテゴリーが表示されています。


2番目の質問はこの市場で最も売れているサブカテゴリーは何ですか?

「おもちゃ」の下のすべてのサブカテゴリーの月間総販売数を「降順」で並べ替えて見ると、以下のような結果を示しました。


各カテゴリーのアクション市場分析レポートを閲覧する(赤丸したところ)をクリックすると、より詳しく市場データが見られます。

◆Top100ブランド数 :  3 ◆Top100 セラー数 :56


◆Top100 ブランド数 :  14◆Top100 セラー数 : 78


◆Top100 ブランド数 :  48◆Top100 セラー数 : 78


これらの市場データを比較してい見ましょう。


この中から市場の新商品の割合は低い(0%のもありました)が、市場全体の容量は大きいので、新セラーがこれらの市場に参入できるかどうかは、他のデータ(商品集中度など)と加えて分析する必要があります。

では、次に答える質問ですが、記事のタイトルにある「損しか与えない」商品とは何でしょうか?

引き続き商品スプライト‐市場リサーチのページで、サブカテゴリーの商品集中度を「降順」で並べ替えて見ると、以下のような独占率の高い市場が示しました。


これらのデータを見ましょう。


「くもんストア」、「かず・すうじ」、「おふろでレッスン」などの市場の商品集中度、ブランド集中度、セラー集中度はいずれも100%です。

これらの市場はセラーとブランドから独占されており、カスタマーは購入する時にブランド認識度が高いので、新規セラーと新規ブランドが参入するには難しいです。

最後に、新商品数に基づいて、市場における新商品の流通が速い市場を見ましょう。

同じく商品スプライト‐市場リサーチのページで、サブカテゴリーの新商品数を「降順」で並べ替えて見ると、以下のような新商品の割合が高い市場が示しました(新商品の定義は最近3か月発売されたもの)。


これらの市場データを見ましょう。


これらの市場は、クリスマスツリー21%、ガーランド24.39%、デジタルカメラ20%など、市場容量は高くないが、新商品の活発度が高いので、相対的に参入しやすい市場です。しかし、これらの市場参入の難しさを正確に評価するためには、商品のレビュー数、星評価などのデータを加えて、より全面的に分析する必要があります。詳しい情報はセラープライトのホームページをチェックしてください:

ご参考に頂ければ幸いです。