新品が24%もの市場シェアを占める「土壌測定器」に参入する際に、慎重に考えてください !

2020-04-01
いよいよ春がきました。
この美しい時期は、栽培に適しているでしょう。ビジネスのチャンスも「美しい」ではないでしょうか。

Soil Test Kits」(土壌測定器)、市場の新品数は17%で、新品の売上が24.1%の園芸市場を占めています。



多くの新しいセラーが意欲的になっていますが、果たしてこの市場は表のように参入しやすいだろうか。

セラースプライトは、アマゾンのにけるこのカテゴリーの販売数上位100位のListingのデータを集め、統計的に分析して、「Soil Test Kits」の市場状況を判明します。


データ:セラースプライト

カテゴリー:Patio, Lawn & Garden Gardening & Lawn CareHand ToolsSoil Test Kits


市場容量分析


上の図から見ると、TOP100 Listing市場の総容量(月間総販売数)は58406と予測されています。下の市場レポートを見ると、上位10位までの月平均販売数が3089、月平均売上は38820です。この市場には一定の独占があるが、多数のロングテール市場が存在し、最後の数名のListingも一定の売上が占めるかもしれないです。



ブランド分析



TOP100商品は71のブランドに分布しており、このカテゴリーでのブランドが多いことを示しています。同様に、グラフの一番上にある新品の定義を「6カ月」とすると、新品がTOP100の各段階に分布していることがわかり、その市場で新ブランドが活躍で、ブランドの流動性が強いことがわかります。

セラー分析




このカテゴリーTOP100商品は77のセラーがいて、トレンドの全体の働きは穏やかで、市場のセラーの独占性が強くないことを示しています。新規セラーは一定の販売を示しています。アマゾン直販占めた割合が多くないし、新セラーがこの市場でチャンスがあることがわかます。

販売時間


このまでの市場、ブランド、セラーを分析した結果、この市場での新品の活発度が高いことがわかりました。続いて、出品時間から、市場での新品の割合とその販売数の割合を具体的に分析しましょう。


図表によると、この市場の商品の出品時間の分布は広いです。直近3ケ月の新品もありますし、3年以上の古い商品もあります。各時間段階には一定の商品数と販売数があります。市場には新品が進出しているが、前の商品も存在しています。新規セラーにとっては、短期的かつ迅速な参入が可能であり、長期的に定着してブランド戦略を出すのも可能な市場です。

また、発売トレンドを見てみましょう。直近一年から二年くらいの新品数割合が多くて、市場多数の売上を占めしており、この市場の新品として優れていることが示されました。

Listingレビュー分析



次に、市場参入の難しさをレビュー数で判断すると、レビュー数1-50の商品数が一番多くて、42です。売上が16.01%を占めていることは、新規セラーが市場に参入してListingへのコストは高くないことを示しています。あまり多くのレビューを必要とせずに販売を獲得できることを意味します。

一見見たところ、この市場は新しいセラーに対して友好的ですが、市場に参入するかどうかを決める前に、最も重要な利益精算が必要です。

価格区間分析


➤➤価格区間を見ると、両つの市場が見られます、一つは「10−12ドル」価格区間、商品数40、市場売上の割合が61.08%を占めています。2つは「0−10ドル」の価格区間です。




➤➤これはほとんどの新セラーはこの「10−12ドル」の価格区間を選んで参入したことを示しています。


利益計算


➤➤まず、価格区間の分析を通じて、「10−12ドル」を新品の価格として選定しました。この価格区間からある新品のコストを計算しましょう。



➤➤そして、Alibabaで同類商品を見ながら、コストを計算します。



➤➤最後は、セラースプライトの利益計算機でコストを計算します。コスト2.4 $で、 販売価格11.89 $、FBA1 $、広告費用は10%、返品率は3%に設定した場合は、以下のような結果が見られます。


➤➤実際のアマゾン運営過程には、時間の流れにつれ、Listingの自然転換率が増えて、広告転換率が低くなります。セラーにとっては、このような市場に参入するためには、先にその販売コストが負担できるかどうかを考慮しなければならないです。

要するに、「Soil Test Kits」は新セラー、新品が活躍する市場であるが、すでに市場競争の障壁が形成されておりので、同質化された商品は一定期間の費用を支払って普及することによって、徐々に利益をもらえることが可能です。しかし、セラーは、カスタマーの需要を把握して商品の差別化とすると、市場を迅速に攻めることができます。このような市場は実力がある新セラーに適しています。